お酒を飲んだ時に水素水を飲むと良いの?

MENU

お酒を飲んだ時や喫煙した時飲むと効果が高い

現代人は忙しくてストレスが常に溜まっています。ストレスを解消しようと、喫煙や飲酒をしている人は少なくありません。しかし喫煙や飲酒は体に良いものではなく、体に不調を起こす原因にもなります。禁煙や禁酒は健康のために効果的ですが、まずは喫煙や飲酒で影響を及ぼした体を元気にするために、水素水がおすすめです。

 

喫煙や飲酒の体への影響とは?

タバコを吸う事で、体には活性酸素が増えていきます。活性酸素が体の中に増えていけばビタミンはどんどん減っていきます。ビタミンがなくなることで体は免疫力が下がってしまうために弱くなり、病気になりやすくなります。

 

飲酒も活性酸素を作る原因となります。アルコールが体の中でアセトアルデヒドに変わるときに、体の中では活性酸素が発生するのです。お酒を飲むと肝臓に悪いと言われていますが、それは活性酸素が必要以上に発生しているからなのです。喫煙も飲酒も体に悪い影響を及ぼす活性酸素を増やすだけですので、できるだけ抑えることが必要です。

喫煙や飲酒したときは水素水が効果的なの?

 

水素水は喫煙や飲酒によって発生した活性酸素と水素を結びつけて水に変えるという性質があります。活性酸素が水になって体からなくなっていけば、体は健康を維持することができます。水素水を飲んでいるから喫煙や飲酒をしても構わないというわけではありません。

 

しかし、喫煙や飲酒が原因となって発生した活性酸素を少なくすることはできますから、いつもより煙草の本数が多い、または飲み会などで飲み過ぎてしまった時は特に積極的に水素水を飲むべきです。

喫煙や飲酒と水素水を飲むタイミングは?

 

飲酒が体に良くないことはわかっているけれど、付き合いで飲み会などがあって断り切れないという方にオススメなのが水素水です。水素水を飲むタイミングとしては、飲酒前後に飲むことです。飲み会の時につい飲み過ぎてしまうと二日酔いや悪酔いしてしまうこともありますが、水素水を飲めば活性酸素がたまることはありませんから、二日酔いなどの症状も出にくいです。

 

喫煙はクセになってしまっている方が多いです。体に良くないからやめたほうがいいとわかっていても、禁煙をしようと思えばストレスがたまって、さらに活性酸素を発生させて体によく無くなることがあります。もちろん喫煙は控えることがオススメなのですが、急にやめることは難しいですからまずは水素水で喫煙で発生した活性酸素を除去しましょう。

 

活性酸素を除去することができれば、顔にできるしみやシワを防ぐことができます。40代をすぎればしみやシワは抑えることが非常に難しいですが、水素水を飲むことでしみやシワをなくして若返りをはかることができます。ですから、喫煙してしまった時は、その後すぐに水素水を飲んで喫煙によるニコチンを外に出しましょう。

関連ページ

スポーツなど体を動かすとき飲むと効果が高い
ダイエットや健康のためにと運動を積極的にしている人は多いです。若いころであれば体を動かせばすぐに効果は表れるのですが、年齢とともに頑張っているにもかかわらず疲れるだけで身体に効果が現れないことがあります。そんなときに飲んでほしいのが水素水です。
体がストレスを感じているとき飲むと効果が高い
40代を超えると、会社の中でも家の中でも責任が重くなっています。責任あることは良いのですがどうしてもストレスがたまりやすいのが40代以降ですが、そんなときに効果的なのが水素水です。
紫外線を強く浴びた時飲むと効果が高い
紫外線を浴びることは肌に良くないと言われていますが、夏の暑い日やリゾート地に旅行に行った時などは、わかっていても強い紫外線を浴びてしまうことがあります。強い紫外線を浴びると、肌にはトラブルが生じるのですが、そんなときに役に立つのが水素水です。