日焼けした後に水素水を飲むと効果はあるの?

MENU

紫外線を強く浴びた時飲むと効果が高い

紫外線を浴びることは肌に良くないと言われていますが、夏の暑い日やリゾート地に旅行に行った時などは、わかっていても強い紫外線を浴びてしまうことがあります。強い紫外線を浴びると、肌にはトラブルが生じるのですが、そんなときに役に立つのが水素水です。

 

強い紫外線を浴びると肌はどうなる?

紫外線は一年中肌に降り注いでいるのですが、一年の中でも4月から9月の間は紫外線は非常に強いです。紫外線を浴びた肌は炎症が起きるだけでなく、メラニン色素を分泌されますので肌は黒く日焼けします。強い紫外線は肌に大きな刺激を与えるため、肌へのダメージは少しずつ蓄積されて、最後には深いシミやシワの原因となってしまいます。

 

肌のダメージを防ぐバリア機能が働いている若いうちならば強い紫外線を浴びて日焼けをしてもすぐに肌は元の状態に戻ることが出来るのですが、だんだんと年齢を重ねるうちに肌は元通りにはならなくなります。40代以上の肌にとっては紫外線は大敵です。

水素水を飲めば紫外線対策が出来るの?

紫外線を浴びることで、呼吸をすることで得た酸素は悪玉活性酸素へと姿を変えます。悪玉活性酸素は肌の新陳代謝の妨げになるため、新しい肌を作るために必要なコラーゲンを作ることができません。コラーゲンがなければ新しい肌に生まれかわることはできませんので、弱った肌はシミやシワを作ります。

 

そこに登場したのが水素水です。水素水は肌に蓄積された悪玉活性酸素と結びついて水にすることができますから、肌から悪玉活性酸素を消すことができます。そうすれば再び肌はコラーゲンを作ることが出来るようになりますし、肌も生まれ変われるようになって元気を取り戻します。

 

元気になった肌はシワやしみを作ることがなくなりますから、肌は若さを取り戻すことができます。

水素水はいつ飲めば紫外線対策になるの?

人は家の中にいても紫外線を浴びていますが、家の中と外では紫外線の量が異なります。水素水で悪玉活性酸素を除去する準備ができるように、出かける前に飲むと水素水の効果が発揮されます。水素水は一日に数回に分けて飲むことが最も効果的なのですが、時間がないという方は朝出かける前に飲みましょう。

 

また、水素水は作られてしまった活性酸素の除去をするためにも効果的です。ですから、強い紫外線を浴びて帰宅した後などに水素水を飲むようにすれば、肌に発生した活性酸素がなくなりますので、後でしみやしわができるという心配がなくなります。水素水は飲むだけでなく化粧水として塗ることでも効果を発揮します。

 

紫外線を浴びて肌がひりひりするという方は、化粧水代わりに水素水を塗るようにすると、肌の調子を整えることができます。

関連ページ

スポーツなど体を動かすとき飲むと効果が高い
ダイエットや健康のためにと運動を積極的にしている人は多いです。若いころであれば体を動かせばすぐに効果は表れるのですが、年齢とともに頑張っているにもかかわらず疲れるだけで身体に効果が現れないことがあります。そんなときに飲んでほしいのが水素水です。
体がストレスを感じているとき飲むと効果が高い
40代を超えると、会社の中でも家の中でも責任が重くなっています。責任あることは良いのですがどうしてもストレスがたまりやすいのが40代以降ですが、そんなときに効果的なのが水素水です。
お酒を飲んだ時や喫煙した時飲むと効果が高い
現代人は忙しくてストレスが常に溜まっています。ストレスを解消しようと、喫煙や飲酒をしている人は少なくありません。禁煙や禁酒は健康のために効果的ですが、まずは喫煙や飲酒で影響を及ぼした体を元気にするために、水素水がおすすめです。