水素水はミトコンドリアを元気にして代謝を促してくれるから選ばれています

MENU

ミトコンドリアを元気にして代謝を促してくれるから選ばれています

40代を過ぎると特に生活に何の変化もないのに太りやすくなることが多くなりますし、ダイエットを頑張っても結果が出にくくなります。その理由は代謝の悪さにあります。どうして太ってしまうのとお悩みの方は、水素水で代謝を良くすることを考えましょう。

 

40代を過ぎて代謝が悪くなる理由は?

  • 基礎代謝量が低下している
  • 女性ホルモンが低下している

人は特に何もしなくても生きているだけである程度のエネルギーは代謝されます。しかし20代を境にして少しずつ基礎代謝量は落ちており、40歳を過ぎた頃にかなり基礎代謝量が低下していることを実感する方は多いです。

 

20代のころと同じ量を食べて同じような生活を続けていては、太るだけなのです。また、40歳を過ぎると女性の体調には大きな変化が訪れますが、その原因は女性ホルモンが急激に減少したことにあります。女性ホルモンのエストロゲンは脂肪を代謝する働きもありますので、エストロゲンの減少により、女性はより太りやすくなります。

 

普通に生活をしているだけなのにどうして代謝が悪くなってしまったの?と痩せにくい体に腹を立てても仕方ありません。代謝を良くする方法を考えることが必要です。

水素水を飲めば代謝を良くすることが出来る?

代謝を促す大切な役割をするものがミトコンドリアです。ミトコンドリアは摂取された脂肪や糖を分解してエネルギーに変えます。ミトコンドリアがうまく機能しているうちは問題がないのですが、加齢によってミトコンドリアは減少してしまいます。

 

ミトコンドリアを元気にして代謝を促してくれるのが水素水です。ミトコンドリアが元気に働かない原因は、体内に活性酸素が溜まっていることが理由です。活性酸素を取り除くことができればミトコンドリアは活発に動くようになりますので、滞っていた代謝も進みます。

 

ミトコンドリアの量は年齢とともに減少してしまうのですが、体の中にあるミトコンドリアを元気にしてあげることで代謝を促すことが可能です。水素水を飲んで毎日体を動かしてストレス解消に努めれば、ミトコンドリアの動きも良くなって代謝が進み、結果として痩せやすい体が作られます。

 

運動も頑張っているし食事も気をつけているはずなのにまったく痩せないと、イライラしてストレスがたまり代謝をより悪くするだけです。まずは水素水を飲むようにしてミトコンドリアを元気にしてあげ、代謝が良くなるよう体の環境を整えるところから始めましょう。

関連ページ

腸内環境が良くなるから選ばれています
いくら体に良い食べ物を毎日食べていたとしても、食べた栄養が消化されてエネルギーに変わらなければ効果は出ません。消化を良くするためには腸内環境を良くすることが必要ですが、腸内環境を良くするために効果的なものが水素水です。
脳梗塞の予防につながるから選ばれています
40代以降の方が発症しやすく、状態が悪ければ命の危険もある怖い生活習慣病が脳梗塞です。脳梗塞は少しずつ体の中で進行していて急に発症することもありますから、普段から予防に努めなければいけません。脳梗塞予防に効果的なものの一つが水素水です。
吹き出物がなくなるから選ばれています
10代のころまで悩まされてきた思春期ニキビが治って一段落していたはずの肌も、だんだんと老化が進んで再び吹き出物に悩まされる時が来ます。40代をすぎてから忘れていた吹き出物が増えてきたとお悩みの方は多いですが、吹き出物に効果があるのが水素水です。
副作用がないから選んでいる方は多いです
年齢を重ねるとちょっとしたことで体を壊しやすくなります。40代を過ぎて体調が不安定になると、副作用があるかもしれないものを摂取することはできません。そんなときでも水素水ならば、健康や美容に高い効果があるだけでなく副作用の心配のない飲み物で安心です。