水素水は水素が逃げないような容器に入ったものを選ぶ方が良いとされています

MENU

水素が逃げないような容器に入ったものを選ぶ

水素水はいろいろな容器に入って売られています。ペットボトルやアルミパウチ、アルミ缶などに入って売られている水素水ですが、水素濃度が高くて水美味しい水素水を飲むためには、どの容器のものを選べば良いのでしょうか?

 

水素水を飲む場合に一番お勧めの容器はなんといってもアルミパウチです。

 

ペットボトルやアルミボトルの水素水はどうしてダメなの?

ペットボトルやアルミボトルに入った水素水は手軽に持ち運びができますし、飲みやすくて便利という利点があります。しかし一番の問題は水素が抜けやすいという点です。

 

水素は非常に非常に細かい分子ですので、まだ開封していなうちから隙間から水素が漏れてしまいます。水素水を何本かまとめて購入してしばらくたってから水素水を飲もうと思って開封したら、すでに水素が抜けてしまっていたということはよくあります。水素が抜けてしまった水素水では何の効果も得られません。

 

アルミボトルはペットボトルよりは密封性がありますからペットボトルよりは水素が逃げにくく水素濃度が守られます。とは言ってもやはり水素はけっこう隙間から漏れてしまいます。また、アルミボトルの場合は味移りがあって、アルミっぽい味が苦手な人は飲むことが嫌になります。

 

ペットボトルもアルミボトルも濃度が濃くて美味しい水素水を飲むというわけにはいかないので、あまりおすすめできません。

アルミパウチの水素水のメリットは?

  • 水素を逃がしにくいので長期保存できる
  • 一度封をあけても水素を逃さず保存できる
  • 持ち運びがしやすい

アルミパウチ以外の容器に入った水素水はまだ未開封でも置いておくだけでだんだんと水素が抜けていってしまいますが、アルミパウチは密封性が非常に高いです。ですからまとめて購入してしばらく置いておいても、水素濃度の高い水素水を飲むことが可能です。

 

水素水はできれば開封して一回で飲みきれれば水素濃度が一番高い状態で飲むことが出来るのですが、量が多くて飲みきれないことも多いですよね。そんなときにも便利なのがアルミパウチです。アルミパウチの水素水であれば空気を抜いてもう一度ふたをすることができますので、分けて飲むことも可能です。

 

三つ目のメリットは持ち運びがしやすい点です。アルミパウチはそれほど場所を取りませんからバッグの中に入れて簡単に持ち運びすることが出来ますし、一度飲んだ後は小さくたたむことが出来ますから、ゴミがかさばることもありませんし、ゴミ箱が見つからなかったとしてもそれほど面倒に感じることはありません。

関連ページ

水素濃度が高いものを選ぶのが良いと言われています
水素水の水素は多すぎても体に悪い影響が出るわけではありません。しかし、水素水の中の水素は置いておくだけでも減っていきますし、水素が少ない水素水は体に良い結果を与えることはできません。水素水を探すときに特に気をつけていただきたいのが水素濃度です。
美味しく飲める水素水を選ぶ
どれだけ良い水素水でも美味しくなければ続けられません。結局は途中で飲むことをやめてしまったとなれば水素水を飲んでいた意味がなくなりますから、水素水を買う前に、自分が飲み続けられるかどうか、味をチェックすることが必要です。