水素水は水素濃度が高いものを選ぶ

MENU

水素濃度が高いものを選ぶのが良いと言われています

水素水の水素は多すぎても体に悪い影響が出るわけではありません。しかし、水素水の中の水素は置いておくだけでも減っていきますし、水素が少ない水素水は体に良い結果を与えることはできません。水素水を探すときに特に気をつけていただきたいのが水素濃度です。

 

水素濃度はどれぐらい必要なの?

水素水の中でも水素量が多いものは高濃度水素水と呼ばれており、水素が水に溶ける濃度は1.6ppmと言われています。実際に高濃度水素水と呼ばれているものは飽和状態を超えた状態の水素を溶かして作られていますから、充填時の濃度は1.6ppmを超えています。

 

水素は分子が小さいために置いておくだけでも量は減り続けます。水素が全くなくなってしまえば水素水の効果は得られません。水素がたくさん残っているように各製造会社では飽和状態を超えた水を溶かして水素水を作っています。水素がいくらかは抜けてしまったとしてもなるべく多くの水素が入った水素水を飲むようにしてください。

水素濃度の高い水素水の選び方は?

  • 充填時の水素濃度が高いものを選ぶ
  • 水素が逃げないように容器が工夫されたものを選ぶ
  • 1回で飲みきれるパックのものを選ぶ

水素水の濃度は水素水に記載されていることが多いですが、水素水によっては記述がされていないものもあります。水素量の記述がないということは水素量が少ない可能性が非常に高いですから、そういった記述がされていないものは避け、充填時の水素濃度が1.6ppm以上のものを選びましょう。水素は多すぎても体に害はありませんから、水素濃度が1.6ppm以上でも問題はありませんよ。

 

充填時の水素濃度が高かったとしても、容器から次々に水素が逃げてしまっては効果を得られません。アルミパウチのパックであれば他の容器よりも水素水を逃しませんが、同じアルミパウチのパックでも水素がどれだけ逃げるかは違いがあります。

 

水素水の説明書を見てみますと、アルミパウチが4層構造になっているものもあります。水素が逃げないと言われている同じアルミパウチ容器でも、さらに水素が逃げないように4層構造などにしてある水素水を選べば、長期保存しても水素水の中には水素がたっぷり残っていますので安心です。

 

もう一つ選ぶときに考えたいのがパックの大きさです。大きなパックに入った水は一回では飲みきれませんから何回かに分けることになります。何度も蓋を開けて飲めば水素が逃げてしまって、最後にはただの水になってしまいます。水分を一気に取るのは苦手だという方は、300mlパックなど一度に飲みきりやすい小さなパックのものを選びましょう。

関連ページ

水素が逃げないような容器に入ったものを選ぶ
水素水はいろいろな容器に入って売られています。ペットボトルやアルミパウチ、アルミ缶などに入って売られている水素水ですが、水素濃度が高くて水美味しい水素水を飲むためには、どの容器のものを選べば良いのでしょうか?
美味しく飲める水素水を選ぶ
どれだけ良い水素水でも美味しくなければ続けられません。結局は途中で飲むことをやめてしまったとなれば水素水を飲んでいた意味がなくなりますから、水素水を買う前に、自分が飲み続けられるかどうか、味をチェックすることが必要です。