水素水の美容効果!肌の炎症を防ぐ!

MENU

大人ニキビなどの肌の炎症を防ぐ!

ニキビと聞くと思春期ニキビを思い浮かべる方が多いですが、おさまっていたはずのニキビは、年令を重ねて30代から40代になって再び炎症となって人を悩ますようになることがあります。大人になってから出来る肌の炎症は大人ニキビと言われています。炎症をなおして美肌を取り戻すためには水素水の力が必要です。

 

40代をすぎるとどうして炎症ができやすくなるの?

  • 肌の乾燥
  • ターンオーバーの乱れ

 

肌が乾燥することと肌の炎症がニキビとなることは、相反するイメージがあります。しかし乾燥している間は炎症もできないのでは?と思っているのだとしたら、それは大きな間違いです。肌は乾燥してしまうと、潤いを取り戻そうとみずから皮脂を分泌します。皮脂の分泌が増えていけば毛穴に皮脂が詰まってしまいますから、炎症ができてしまいます。

 

40代をすぎると肌のターンオーバーは乱れます。通常であれば新しい肌に生まれ変わるために炎症もすぐに治るのですが、肌の老化でターンオーバーが乱れた状態では肌の調子は崩れたままで炎症は治りません。

どのように水素水を使えば炎症ができた肌を治せるの?

大人ニキビなどの炎症はひどくなると痛みも伴って非常に辛いですから、ひどくならないように早めに治す必要があります。

 

水素水を飲めばすぐに炎症がおさまるというわけではないのですが、水素水で活性酸素を取り除いて新陳代謝を活発にすれば、肌は生まれ変わって炎症もおさまってきます。一回飲めば代謝が良くなるというものではありませんから、肌全体を元気にしてあげるために毎日水素水を飲んで、炎症が治りやすい強い肌を作るように体の内側から働きかけましょう。

 

水素水は肌に直接つけても効果的

もう一つ、炎症ができた肌に直接水素水をつけることで、外側から働きかける方法も効果的です。炎症ができた肌は悪化しないように洗顔をして肌を清潔に保つことが必要なのですが、炎症ができた肌は毛穴が詰まっていて成分が浸透しにくいです。

 

しかし、水素水は成分が非常に細かいですから、肌の奥まで届きます。ですから、普通の水で洗顔した場合よりもより水素水で洗顔したほうがより高い効果を得られるのです。

 

水素水はただの水よりも高価ですから洗顔に使うことはもったいないと思う方もいらっしゃるでしょうが、水素水はとっておいてもだんだん水素が抜けていくだけです。飲みきれずに残った水素水は、もう一度封をしてとっておくよりも、洗顔の時に使うことで水素の濃度が濃いうちに使い切るといいですよ。

関連ページ

活性酸素を除去することによって肌が若返る
お化粧をいくらきれいにしたとしても肌の老化は隠すことができません。肌の老化が進めば、ファッションに気をつけているのに年齢よりも上に見られてしまうことがあります。40代に入ると一気に老化は進みますから、肌を若返らせることができる水素水は大きな助けになります。
水素水を飲むと肌に現れる変化 | 肌荒れが治る
若いころは特にお手入れをしないで夜眠ってしまったとしても、次の朝はきれいにお化粧して出かけることができます。しかし、40代を超えるとしっかりお手入れをしていなければ肌荒れが進むだけです。肌荒れを防ぐためには、水素水の力を借りると効果的です。
新陳代謝が活発にして日焼けを防ぐ
化粧をすることを忘れて外に出てしまったり、日焼け止めはつけていたけれど長時間外にいる間に落ちてしまって日焼けしてしまうことがあります。40代を過ぎると一度日焼けをすると治るまでにかなりの時間がかかりますから、水素水で日焼け対策をしておくことは効果的です。