水素水を飲むことによって肌が若返る

MENU

活性酸素を除去することによって肌が若返る

お化粧をいくらきれいにしたとしても肌の老化は隠すことができません。肌の老化が進めば、ファッションに気をつけているのに年齢よりも上に見られてしまうことがあります。40代に入ると一気に老化は進みますから、肌を若返らせることができる水素水は大きな助けになります。

 

40代になって肌の老化が進む理由は?

肌の老化はお肌の曲がり角を超えるとじわじわ進んでいくのですが、40代になって一気に老化が進む原因は、女性ホルモンのエストロゲンの分泌に理由があります。エストロゲンには丈夫な骨を作るカルシウムが溶け出すのを防ぐ役割があります。40代を過ぎるとエストロゲンの分泌はかなり少なくなりますので、カルシウムは溶け出して外に出ようとします。それを防ぐために体はコラーゲンを分泌します。

 

コラーゲンは肌の若さを保つために必要な美容成分でもあります。しかし40代に入るとコラーゲンは骨を守るために使われるようになりますので、美肌を保つ力が失われて肌の老化は一気に進むのです。

水素水はどうやって肌を若返らせるの?

  • コラーゲンの生成を促す
  • シミのもとになるメラニン色素の分泌を抑える
  • 細胞の奥まで水分補給する

 

失われたコラーゲンは生成することで補わなければいけませんが、40代を過ぎると肌には活性酸素がたまっていてうまくコラーゲンを生成することができません。しかし水素水は活性酸素と水素を結びつけて外に排出しますから、何にも邪魔されることなく体はコラーゲンを生成して足りないぶんを補充することができます。

 

さらに活性酸素はシミのもとになるメラニン色素の分泌を過剰にしてしまうのですが、水素水で活性酸素を除去することによって、分泌が少なくなってシミができることはなくなります。もう一つ、乾燥肌の方は水分が足りない分だけ敏感になっていて肌の老化が進みやすいのですが、水素水は細胞の奥まで成分が届いて水分補給をすることもできます。

 

水素水はそのまま飲むだけでも効果がありますが、肌を若返らせるためには水素風呂や水素パックなどの方法で肌の外から働きかける方法も効果的です。

 

水素水を飲んで体の内側から若返らせるだけでなく、飲んで余った水素水はお風呂に入れて水素風呂にしたり、化粧水代わりとして入浴後の肌に塗るなどして、有効なかたちで活用してください。そうすれば肌の老化に悩んでいた40代から60代の方々も、年齢を感じさせない若返った肌を取り戻せますよ。

関連ページ

水素水を飲むと肌に現れる変化 | 肌荒れが治る
若いころは特にお手入れをしないで夜眠ってしまったとしても、次の朝はきれいにお化粧して出かけることができます。しかし、40代を超えるとしっかりお手入れをしていなければ肌荒れが進むだけです。肌荒れを防ぐためには、水素水の力を借りると効果的です。
新陳代謝が活発にして日焼けを防ぐ
化粧をすることを忘れて外に出てしまったり、日焼け止めはつけていたけれど長時間外にいる間に落ちてしまって日焼けしてしまうことがあります。40代を過ぎると一度日焼けをすると治るまでにかなりの時間がかかりますから、水素水で日焼け対策をしておくことは効果的です。
大人ニキビなどの肌の炎症を防ぐ!
おさまっていたはずのニキビは、年令を重ねて30代から40代になって再び炎症となって人を悩ますようになることがあります。大人になってから出来る肌の炎症は大人ニキビと言われています。炎症をなおして美肌を取り戻すためには水素水の力が必要です。