水素水で日焼けを防ぐ

MENU

新陳代謝が活発にして日焼けを防ぐ

いつも日焼けをしないように気を配ってお化粧もしっかりしていればよいのですが、化粧をすることを忘れて外に出てしまったり、日焼け止めはつけていたけれど長時間外にいる間に落ちてしまって日焼けしてしまうことがあります。40代を過ぎると一度日焼けをすると治るまでにかなりの時間がかかりますから、水素水で日焼け対策をしておくことは効果的です。

 

40代をすぎるとどうして日焼けが治りにくくなるの?

子供の頃は真っ黒に日焼けをしてもすぐにまた白く戻っていた肌も、年齢が進めば一度日焼けをすると治るまでにはかなりの時間がかかります。その理由は老化による肌の力の衰えです。

 

若いころの肌は新陳代謝が良いですからメラニン色素が沈着して日焼けになってしまっても、すぐに新しい肌に生まれ変わるために元の肌に戻ります。しかし、40代以降の肌は生まれ変わるまでの時間が長くなってしまいますので、日焼けをした肌はなかなか治りません。

 

自分の肌を守りたければ、ちょっと外に出るだけだから大丈夫と思わずに日焼けから肌を守ることが必要です。

どのように水素水を使えば日焼け対策できるの?

 

  • 水素水を日常的に飲む
  • 水素水で湿布をする

 

新陳代謝が悪くなる理由は、体の中にたまっている活性酸素です。若いころのように新陳代謝が活発であれば日焼けをしても少し待てば肌は元通りになりますから、活性酸素を取り除く水素水を日常的に飲むようにして、新陳代謝を良くしましょう。

 

日焼けをしそうな日の朝、または紫外線をたくさん浴びてしまった日は特に忘れることなく水素水を飲むようにすれば、代謝は悪くなることはなく、日焼けも治りやすいです。

 

日焼けをしてしまった肌はヒリヒリしてちょっと触るのも痛くなることがありますが、そんなときにも水素水は効果的です。水素水をたっぷり浸したガーゼなどの布を日焼けした部分に当てると、日焼けした肌は気持ち良いですよ。だんだんとほてりもおさまって痛みもなくなります。

 

夏の間だけでなく紫外線は一年中存在するものです。夏ではなくても紫外線が強くて日焼けをしてしまう時もありますから一年中注意してください。

 

40代を過ぎてから若いころのように自然治癒を待っていても日焼けは簡単には治りませんから、水素水を用意して体の内側と外側の両方から働きかけて日焼けした肌を元の肌に戻していきましょう。日焼けをほうっておくとシミやシワが増えるだけです。若さを保つためにも、日焼けには十分に注意してください。

関連ページ

活性酸素を除去することによって肌が若返る
お化粧をいくらきれいにしたとしても肌の老化は隠すことができません。肌の老化が進めば、ファッションに気をつけているのに年齢よりも上に見られてしまうことがあります。40代に入ると一気に老化は進みますから、肌を若返らせることができる水素水は大きな助けになります。
水素水を飲むと肌に現れる変化 | 肌荒れが治る
若いころは特にお手入れをしないで夜眠ってしまったとしても、次の朝はきれいにお化粧して出かけることができます。しかし、40代を超えるとしっかりお手入れをしていなければ肌荒れが進むだけです。肌荒れを防ぐためには、水素水の力を借りると効果的です。
大人ニキビなどの肌の炎症を防ぐ!
おさまっていたはずのニキビは、年令を重ねて30代から40代になって再び炎症となって人を悩ますようになることがあります。大人になってから出来る肌の炎症は大人ニキビと言われています。炎症をなおして美肌を取り戻すためには水素水の力が必要です。