水素水は筋肉痛を和らげることができる

MENU

筋肉痛を和らげることができる

運動不足の方は特に、急に体を動かした後に筋肉痛を起こすことがあります。健康のために運動を始めることにしたのに筋肉痛が辛くて運動をやめるしかなくなったら悲しいですよね。40歳を過ぎてなかなか治らない筋肉痛を和らげるには水素水の助けが必要です。

 

筋肉痛はどうして起きるの?

  • 体に乳酸が溜まった
  • 使い慣れない筋肉を使ったことで筋肉の繊維が傷ついた

 

筋肉痛の原因ははっきりとはわかっていませんが、上記の2つの説があります。

 

一つは乳酸の影響だという説です。久しぶりに体を動かして運動をすれば、疲労物質である乳酸が体の中にたまっていきます。酸の一種である乳酸は筋肉を硬くこわばらせてしまうために筋肉痛が起きます。

 

もう一つの説は筋肉の繊維を修復するときに起きる痛みだという説です。運動をしてあまり使っていなかった筋肉を使うと、筋肉の繊維が傷つきます。その傷を修復しようと体が働きかけるときに、筋肉痛として痛みが現れます。現在は、こちらの説のほうが有力だと言われています。

水素水を飲むとどうして筋肉痛が和らぐの?

運動をすると体の中にたまる活性酸素は筋肉を傷つける原因になります。その結果として筋肉痛が起きるわけですから、筋肉痛をなくしたければ活性酸素をなくせばよいのです。活性酸素を体の外に出すために効果的なものが水素水です。

 

ですから、運動中または運動前に水素水を飲んでいれば、体に活性酸素をがたまることがなく、筋肉痛を防ぐことができます。アスリートたちで水素水を運動時に飲んでいる方は多いですが、それは筋肉疲労を防ぐためだと言われています。

 

水素水は運動後にも効果的です。運動中に溜まってしまった活性酸素は筋肉の炎症を引き起こします。活性酸素を取り除かなければ、筋肉の炎症は広がるばかりです。運動をした翌日以降に疲れや筋肉痛が出てしまうと、動けなくなってしまいますから運動をした意味がなくなりますよね。

水素水の活性酸素除去力が効果を発揮!

筋肉痛は筋肉を修復するときに出る痛みです。若い頃は体が元気ですからすぐに炎症ができた筋肉を体が修復しようとするため、筋肉痛が出るまでの時間は早いです。そして若いうちは筋肉痛から回復するまでも時間がかかりません。

 

しかし、年齢を重ねて40歳を超えた頃は、筋肉の修復するまでに時間がかかりますから、運動をしてしばらくたってから筋肉痛が出ることが多いです。しかも修復には時間がかかりますからいつまでも筋肉痛が残ります。筋肉痛が少しでも早くおさまるようにするためには、水素水の助けを借りて修復の邪魔をする活性酸素を外に出しましょう。

関連ページ

運動前後に飲めば汗をかいて体もすっきり!
代謝が良ければ運動をした分だけの効果が出るのですが、代謝が悪い状態ではいくら運動を頑張ったところで結果を出すことができません。ダイエットのために運動をしていると方は特に、汗を出るよう水素水を運動前後に飲むことがおすすめです。
水素水を飲むと運動しても疲れにくくなる!
同じように運動をしただけでも40代をすぎると人は急に疲れを感じるようになります。疲れが取れないままに運動を頑張ろうとしても、長続きすることはなく結局はやめてしまうことが多いです。そうならないためには疲れをとってくれる水素水が効果的です。
40代のダイエットに効果的!
水素水は40代のダイエットに効果的と言われています。そして水素水は運動前後に飲むことが良いと言われます。その理由についてまとめました。